さ・む・い(@_@;) 寒さが続きますね…\(◎o◎)/

寒さを吹き飛ばすセールを……したいのですが…準備不足の為、断念( 一一)

替わりにPenの歴史をアップしたいと思います<(_ _)>

 

Penの歴史

5~6世紀ごろ…

およそ1400年前に獣骨や芦の茎で作り始めて、

5~6世紀より鷲の羽を乾かし先端を削り用いました。

1780年ごろ…

イギリスのサミエル君?が鉄鋼ペンを発明(*^^)v

1809年ごろ…

イギリスのフレデリック君?が現在の形に近い万年筆を発明(^o^)丿

1828年ごろ…

日本国・近江の鉄鍛冶を営む、「国友籐兵衛」様が青銅型の毛筆軸に墨を蓄えた「モノ」を考え「懐中筆」と呼んだとさ(●^o^●)

1884年ごろ…

アメリカのウォーターマン君が初めてインク流出の自由な実用万年筆を考える(@_@;)

1901年(明治34年)…

日本国に初めて万年筆がイギリスより輸入される。<(_ _)>

1910年(大正元年)…

国産万年筆第一号が現在のプラチナ万年筆より誕生する(*^^)v

1932年(昭和7年)…

日本国の精密な万年筆は海外に輸出されるようになる。

第二次世界大戦中…

日本国の万年筆はお国の為に原料供給し生産中止状態が続く…その間、海外では万年筆やボールペンの研究が進んでた(@_@;)

1945年…

現在のモデルの原本であるカートリッジ式・18金・太字ペン・高級ペンと様々なバリエーションが製造され世に送り出される。

現在は…

各メーカー泥沼の戦争状態が続き、多種多様な筆記具が次々と発売される。日本国の筆記具品質は世界一であります。

当社は…

新製品が出るのは構わんが…その都度、在庫が増える事に、日々お悩み中なのです(@_@;)

 

*Penはラテン語で鳥の羽根を表しPennaと言う発音から来たんでございます(^o^)丿

*小生のうろ覚えの記憶を記載しました…悪しからず<(_ _)>

 

<(_ _)>今回はここまで(^o^)丿また次回のお楽しみに<(_ _)>